THAILAND PRESS

THAILAND PRESS

バンコクの暑さを吹き飛ばしてくれるアクティビティ・お店5選!

タイ・バンコクに訪れたことがある人なら誰でもあの厳しい暑さをご存知でしょう。

タイの首都バンコクの年間平均気温は29度で、最も暑い月と涼しいとされる月の気温差はわずか5度しかありません。

このように年中暑いバンコクでどのようにクールダウンしたらよいか、本日は身体をクールダウンさせてくれるアクティビティならびにお店を5つ紹介したいと思います!

Flow House

image

バンコクという都会でサーフィンできる場所としてサーファーたちのメッカにもなっているのがここ「Flow House(フロー・ハウス)」

ここならわざわざ車で何時間もかかけてビーチに行かずして、人工のリアルな波を体感することができます。

image

インストラクターの方がサーフィンやボディボードのやり方を丁寧に教えてくれるので初心者でも楽しむことができます!

1人から最大7人までのグループでも550バーツ払えば、1時間好きなだけ波を満喫することが可能。

image

また定期的にDJが回すパーティーやライブミュージックありのイベントが開催されたりもします!

image

詳細は公式サイトをチェックしてみて下さい!

Sub Zero Ice Skate

image

スクンビットのメジャー・シネプレックス(Major Cineplex)内とスワンナプーム空港に近い超大型ショッピングモール、メガバンナー(Mega Bangna)内の2つの店舗を持つ「Sub Zero Ice Skate(サブ・ゼロ・アイス・スケート)」

image

年齢制限はなく全ての人が楽しむことができ、毎日5pmを過ぎるとDJがパーティー・チューンをかけるので、スケートリンクは一気にダンスフロアへと変貌します!

image

金額は平日だと大人は140バーツで子供は100バーツで、週末になると大人は170バーツで子供は140バーツになります。

詳細は公式Facabookページをチェックしてみて下さい!

image

Bon Bon

image

以前タイで人気のカフェ「Mr.Jones Orphanage」だった場所に新しいクールダウン・スポット「Bon Bon(ボン・ボン)」が誕生しました!

ここは屋内と屋外のシートを備えたバーなのですが、なんといっても1番の目玉は-17度に設定されたアイスルーム!

image

300バーツを払えば15分間何杯でもショットをいただけます!

image

身体の表面は寒いけどショットで身体の内側はポカポカという異次元体験ができますよ!

普通のバースペースもあって絶品料理もいただけるので安心してください。笑

imageimage

詳細は公式Facabookページをチェックしてみて下さい!

Harbin Ice Wonderland

image

「Harbin Ice Wonderland(ハービン・アイス・ワンダーランド)」は氷で作られた彫刻の展示場です!

そのため店内の温度は-15度に設定されており、美しい彫刻の数々に魅了されつつ、クールダウンもできるという一石二鳥のスポット。

image

「Edutainment city(エデュテインメント)」というコーナーではビッグ・ベンやエッフェル塔など世界遺産が展示されており、その隣にはアイス・バーが併設されています。

image

ここではシートも氷、ドリンクを飲むグラスも氷でできているので暑さは一瞬で吹き飛ぶこと間違いなし!

image

入場料は大人は350バーツで、身長120cm未満の子供は250バーツ、シニアの方は300バーツで外国人観光客は550バーツとなっています。

詳細は公式Facabookページをチェックしてみて下さい!

Snow Town Bangkok

image

最後に紹介するのが、エカマイ駅に直結したショッピング・モール「ゲートウェイ・エカマイ」の中に最近できた「Snow Town Bangkok(スノー・タウン・バンコク)」

image

30-40cmの雪が敷き詰められておるため、屋内にいながらスキーをすることができるんです!

また日本をテーマにした一角もあり、ここでは日本のレストランやお店、遊び場なんかもあります。

image

ジャケットや手袋、雪専用のシューズの貸し出しもしているので、わざわざ重い荷物を持ち込む必要もありません。

そのほかスキーのレッスンも行っており、金額はグループだと1人600バーツで、マンツーマンのレッスンだと3400バーツとなっています。

image

入場料は身長90cm以上の方は100バーツ、90cm未満の方は80バーツで、雪の広場で遊ぶためには30分ごとに100バーツの追加料金が必要です。

詳細は公式サイトをチェックしてみて下さい!

>

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント